2006年03月

2006年03月17日

やっぱりスポーツ

オリンピック前後から、blogにもメルマガにも
スポーツ関連のことしか書いておりませんが・・・
今回もスポーツです。
(お前は何屋なんだ?
・・・ともう一人の私が脳裏でつぶやいておりますが。)

まず、浅田真央選手。
ジュニアの大会でしたが金を逃してしまいました。
フリーの演技は別人のよう・・・。
「ディフェンディングチャンピオンでシニアの世界大会で優勝経験を持ち、
オリンピック金メダリストよりも高い技術を有している天才少女」がです。
でも、今までも内山は触れてきたつもりですが、この輝かしい経験がブレーキとなって、今回の結果が生まれているといえるでしょう。

そう、「守ってはダメ」なのです。

・・・そんなこと本人が一番承知していると思います。
それが、環境がそろうと意志に反して守りに入ってしまうようなのですね。
金妍兒選手(韓国)という同レベルのライバルの出現がその環境に拍車をかけました。
今回ばかりは、今まで「できることを一所懸命やったらすべて成功!」だった彼女が、「ここでこれはしくじれない・・・あそこでは最低でもあれをこなして・・・」というつぶやきが聞こえてきそうな守りの姿勢でした。

だけど、やはりこれでよかったと内山は思うのです。
オリンピックではなかったのですから。
グランプリファイナルで金を獲得した彼女がそのままオリンピックへ行っていたら、今回のジュニア以上のプレッシャーでもっと大変だったと思います。ジュニアの大会は糧として位置づけることが十分可能です。

並の選手ではないので、復活はするでしょうが、きっと初めての大きな挫折でしょうし、乗り越えるのはこれまた並ではありません。また、悪いことに、次の大会あたりで復活できないと、いままで100%笑顔で応援だったマスコミが逆にものすごいバッシングをしたりします。

みなさん暖かく見守ってあげましょう・・・。

次に、WBC・・・。
いやぁ、よかったですね、準決勝に進めて。
疑惑の判定も、アメリカのふがいなさもひっくるめた結果ですが・・・。
韓国の強さばかりが目を引いたリーグでした。

今回気づいたことがあります。
「メジャーリーガーの超一流選手は、もはやアメリカ人だけではない」ということです。いままでも、気づいていたつもりでしたが、今回、皆が国へ帰ったことで、それが露呈されたと思います。裏を返せば、アメリカ人だけでまとまったドリームチームを作ることが難しいということなのではないでしょうか?
だって、韓国やプエルトリコ、ドミニカのメジャーリーガー達、皆すごいですよね。
日本だってメンバーは負けていないけど、アメリカが正直かすんで見えます。

内山も相当悔しかったけど、韓国に2度負けた選手達の表情は、国内大会では見られないものでした。
ここは、是非準決勝でリベンジしてもらいたいと思います。

・・・しかし、イチロー選手の荒れている姿には驚きました。
<「最も屈辱的な日」と語った前夜の韓国戦。
試合後は遅くまで痛飲し、「荒れまくった」と言う。(時事通信)>
逆に、普通の人っぽくて安心したりしてもいますが・・・。

2006年03月01日

トリノpart2

終わりました。
オリンピック・・・

遅ればせながら荒川選手、
金メダルおめでとうございます。
選考された時もクールなら、
演技前も演技後もクール、
そして、金メダルを手にした後もクール。
すごい人ですねぇ。

コーエンとスルツカヤが転倒してしまったのには驚きましたが、今回ばかりは、格(オーラ)的には、やはり、滑る前から荒川選手が抜きんでていたと思います。

「ミス銀メダル」コーエンは、興奮状態で公式練習にも顔を出せず、普通の生活をもできなかったそうです。最終滑走者「世界NO1」スルツカヤは、いつになく表情が難く、リラックスできておりませんでした。荒川選手と滑走順が逆だったら接戦だったかもしれませんが、それでも荒川選手はミスらなかったでしょう。(スポーツ界でタラレバは禁句ですが・・・。)

コーエンとスルツカヤは技術的にもその他の面でも背負い込むものが多すぎたのだと思います。何せ、2人とも演技はレベル4のオンパレードで、ミスさえしなければ得点はトップになること間違いなしなのです。・・・とすると、演技は「ミスをしないようにレベル4をきちんと並べて・・・」と唱えながら行うしかありません。

かたや荒川選手はというと・・・

長野五輪13位、ソルトレークは選考さえされず、バッシングを受けながら苦悩をします。荒川選手にとっては不利なルールの改正もあり、スケートを続けるかやめるかの瀬戸際まで追い込まれます。数ヶ月前までは日本で4番目か5番目の選手だったのです。ぎりぎりの状態でレベル4を次々に開発し、全日本選手権で3位入賞し五輪出場をやっとの事で果たしました。でも、現在の採点法では、技術的にはまだまだトップクラスには及んでいなかったといいます。本人がインタービューに答えていましたが「レベル4を並べようとすると自分らしい滑りに変化が出る。そこまでしてやりたくない」・・・つまり、自分らしさの中にレベル4を取り込んでいく努力をし続けたままの状態でオリンピックに滑り込んだのです。

だからこそ、取り入れても点にはならない「イナバウワ」にこだわったのではないでしょうか?まさにチャレンジャー精神です。(最も拍手の多い技に点がつかない採点法もどうかと思いますが・・・。)
その意味では、もはやコーエンやスルツカヤには持ち得ない境地で荒川選手は演技をしたといえます。

スパイラルは3秒以上・・・
スピンは同じ形を完全2回転維持・・・
等々・・・
技を並べていけば得点が上がるのですが、技の連続で演技を作るのではなく、自分の演技の中に技を見出すことのできたチャレンジャー荒川選手の勝利だったと思うのです。

アマチュア引退の噂もでていますが、
ここで引退したらちょっとかっこよすぎですね。

アルペンスキーもびっくりしましたが、また今度・・・。

本日もおつきあい下さいましてありがとうございます。
よろしければ、ランキングにご協力下さい。
人気blogランキングへ
The writer
Profile
マインドマップインストラクター(これまでに15,000人超に講座を実施)、有限会社ストリートランプ代表取締役、元株式会社ブザン・ワールドワイド・ジャパン取締役、元一般社団法人ブザン教育協会理事、教育ITコンサルタント、リテラシー教育、元高校教師、柔道5段、スキー1級、シスアド、読書、作詞、作曲、MIDI、黒澤明、クリントイーストウッド、教師だった経験を生かし、東京秋葉原を拠点にセミナー、セッション、講演、コンサル、開発、執筆活動中。
おすすめ