2010年04月

2010年04月26日

ルービックキューブ11秒1!

内山には、高校1年になったばかりの長男がいる。
父親と同じく、柔道を小さい頃からやっていて、柔道を一所懸命できる高校へ入学した。しかしながら、最も得意なものは、今のところ柔道ではない。

ルービックキューブだ。

3×3×3のキューブでの最高記録は、11秒1である。
親が言うのも何だが、もはや、「暗算の達人」的な雰囲気がある。「カチャ」っと音が聞こえるが、その間に多いときは4回くらいの動きを同時にしているそうなのだが、肉眼では見えない。超スローでやってもらうとわかるのだが、本人は、ほとんど無意識でやっているという。

このときに、どんなことが脳で起きているかが大変興味深い。
当然のことながら、コンピューターにこれをやらせると、驚異的なスピードだが、コンピューターは、京という単位のパターンから超高速で選んでくる。
しかし、人間は、ホールブレインを使って、ほとんど無意識に最短距離に到達する。証拠に、ルービックキューブは、熟練すればするほど、それほど脳を使わなくてもできているという実験結果がある。
自転車に乗れない人が自転車の練習をしているときは、おそらく、たくさんの脳を不器用に使っているであろうが、乗れてしまえば、無意識で乗っているのに似ていると思う。

長男の動画(2年ほど前でこのときは19秒かかっている)



自分の部屋の天井や壁には、いくつもルービックキューブの攻略法がはられている。

そこで、一度、大会に出てみたらどうかとすすめてみた。
まずは、ネットで歴代の記録と競技方法を調べてみたら、長男の記録は、うまくいけば、全国でも上位に入れる位ではあるらしく、5回の平均で決勝が行われることもわかった。大会参加のための標準タイムは3分。サイトには、競技者ごとのデータベースもつくられている。

試しに同じ条件で平均を何度かとってみたら、現時点でも何とか30位くらいにはコンスタントに入れるタイムではあった。

本人は半分くらいしか乗り気でないのだが、親は必死だ。

で、日程を調べてみたら、直近で5月29日(土)。
・・・何と、学校も部活もある日だった。

・・・でも、担任の先生に相談してみようかな?

自分の教員時代なら、喜んで教科と顧問の先生に本人といっしょにお願いにいくのだが・・・

2010年04月23日

ゲッゲッゲゲゲのゲ

「ゲッゲッゲゲゲのゲ・・・

お化けにゃ学校も
試験もなんにもない

お化けにゃ会社も
仕事もなんにもない

お化けは死なない
病気もなんにもない」

幼少の頃、水木しげるさん作詞のこの主題歌をよく口ずさんでいた。
とにかく、「ゲゲゲの鬼太郎」は面白かったのだ。
当時は、まだ白黒アニメで、見方によっては、ウエンツのコンピューターグラフィックを駆使した画面よりも、興味深かったのではと思う。

この歌詞、子ども心にあこがれを持った。

なにせ「苦しいことと、面倒なことを全くしなくて、しかも楽しい」というのだ。

(・・・その割には、劇中に登場する妖怪達は、鬼太郎をはじめとして、それなりに苦労をしているが・・・)

まあ、しかし、現実的に考えると、人生は比較する対象が何もなかったら、感受性が失われてしまうので、本当はすごくつまらなくなる。

苦しいことがあるから、楽なことのありがたみがわかる。
死と隣りあわせだから、生きている幸せを感じることができる。

もう一歩すすんで、(「死」はともかくとして、)この歌詞に書かれている感性で仕事や勉強ができたら、それに越したことはないとも思うが・・・。

エジソンはこう言っている。

「私は生まれてこのかた、いわゆる労働というものをしたことがない」

だから、詰め込み教育をしている小学校を3ヶ月でくびになったのだ。
今は、エジソン的なアプローチが大変重要になってきている。

2010年04月01日

教育の本質?

私は、ドラマはオムニバスが結構好きで、連続物はめったに見ないが、水木しげるさんの作品に大きな芸術性を感じており、「ゲゲゲの女房」を見始めてしまった。

コレ脚本が面白い。

本日のストーリーには感動した。教育の本質を垣間見た気がしたからである。

水木しげるの夫人である武良布枝は、少女時代、背が高く男子から「電信柱」というあだなをつけられ、外出したり、めだったりすることを極端に嫌っている。
盆踊りの日も、楽しみにしている子ども達がたくさんいる中、

「あんまり背が伸びんように」

と手を合わせてご先祖様に神頼みしたりして、からかわれるのがいやで踊りが好きにもかかわらず、盆踊りへいく決心がつかない。

そんな布枝に祖母が「そのお願いは無理。でも、願い方を変えたらご先祖様はかなえてくれるかもしれない」といって

「ノッポでもくよくよせんでいられるように」願いなさいという。

結果的に、布枝は、男子達のいじめともいえる「からかい」に打ち勝って踊り続ける、というストーリーである。

内面のアプローチを変えることで、問題が解決することを祖母は見事にやってのけていて、からかっている男子を注意しようとする父親を、「だまってみているように」ととどめたりする場面もある。

実は、これこそが、時代を問わず、教育によって人が身につけなければならないリテラシーであると思えてならない。このストーリーに自己を投影した場合、感動できる人が多いであろう事がそれを証明してくれる。

「いじめ」が社会問題となっている昨今、同じことが生じた場合、現代なら、どう問題解決をするだろう。

まず、布枝をからかっている男子たちから放す。
男子を呼んで説諭し、いじめないように指導する。
布枝に「安心していい」ことを伝える。

といった流れになることが多い。
大人は、確かに、修羅場を見ずにすむので、解決した気にはなれる。
・・・が、当人達は内面的に何も解決を見ていないのである。そればかりか、しこりが残り、以後の問題解決能力に大きな妨げとなる。

念のために申し上げておくが、「いじめ」を放置したり、いじめられている側の責任ですべてが解決できるなどということを言っているのではない。大人の力は必要であるし、強制的に事態を収拾せねばならないことが多いことも十分承知している。

ただ、こどもたちのコミュニケーションの中で、トラブルを乗り越えて、お互いが、幸せを感じることができるためには、内発的な解決力を無視することはできないということをいいたいのでである。
ドラマでは、男子生徒の内面は現時点では語られないでいるが、からかっている男子の心中にも何かしら悩みはあるものである。それに付和雷同している子の心にも葛藤はあるに違いない。

つらい経験がトラウマにならない時点で、解決できるアプローチを布枝の祖母のように示唆していく大人が、現代でもたくさんいて欲しい。

すごい勢いで、それを感じながらドラマに見入っていた。



The writer
Profile
マインドマップインストラクター(これまでに15,000人超に講座を実施)、有限会社ストリートランプ代表取締役、元株式会社ブザン・ワールドワイド・ジャパン取締役、元一般社団法人ブザン教育協会理事、教育ITコンサルタント、リテラシー教育、元高校教師、柔道5段、スキー1級、シスアド、読書、作詞、作曲、MIDI、黒澤明、クリントイーストウッド、教師だった経験を生かし、東京秋葉原を拠点にセミナー、セッション、講演、コンサル、開発、執筆活動中。
おすすめ